マイクロスコープによる

perio Blogブログ新着情報

  • staffblog

    2021年05月17日 月曜日

    歯茎から排膿とは

    「歯茎から排膿している」とはどういうことでしょうか

    排膿とは、膿が出ている、ということで、炎症病変があると考えられます。

    歯周病、根尖病変などが考えられますが、歯茎の際から排膿していれば歯周病、

    根元からだと根尖病変の可能性が高くなります。

    歯周病

    歯周病が原因で排膿していても、歯茎が腫れてこない(膿が出てきているため)ので自覚がないこともあります。

    かなり歯周病が進行している場合が多いので早急に治療を介したほうが良いでしょう。

    根尖病変

    神経のあった管からの細菌感染が根尖に及び、その病変から歯肉から外部に膿の形が出てくるのです。

    外部から薬を付けたり、投薬では一時的にしか収まらないので、根管治療などが必要になります。

    病変が大きくなってきた場合には外科処置が必要な場合も出てきます。

  • staffblog

    2021年05月10日 月曜日

    歯周病では骨粗鬆症に注意

    歯周病と全身疾病の関係は、糖尿病が有名ですが、骨粗鬆症も最近話題になります。

    骨粗鬆症との関係

    歯周病によるわずかな炎症でも、骨粗鬆症が加わると強い骨吸収をきたすことが報告されています。

    また、骨粗鬆症の治療薬であるビスホスホネート系製剤は、歯周病が重度で抜歯を余儀なくされた場合、

    外科手術による骨壊死の可能性があります。抜歯後に骨を覆う歯肉ができず、痛みが続くものです。

    対策

    骨粗鬆症になった場合、特に歯周病管理が大切になります。

    歯周病が悪化しないためにもプラークコントロールと、継続的な歯周病管理をしていくことが大切です。

  • staffblog

    2021年05月03日 月曜日

    歯根には優しく

    歯の表面は丈夫なエナメル質に覆われています。

    歯の組織の硬さ

    エナメル質は、人体の中で最も硬く、骨よりも硬く、モース硬度で7 で水晶と同じくらいの硬さです。

    ところが歯根部になると表面を覆うのはセメント質(モース硬度は4~5)で、しかもはがれやすく、

    その下の象牙質(モース硬度は5~6)が表面に出ていることも多く見下掛けられます。

    歯根露出歯は気を付けて

    歯周病が進み歯根が露出してきた場合、歯磨き、特に歯磨剤を多くつけて力強く磨くことは避けましょう。

    最悪、神経が近くなるのでしみてきて痛みが強くなり、神経を失うことにもなりかねません。

    歯周病予防と磨き方には、気を配りましょう。

  • staffblog

    2021年04月26日 月曜日

    歯の周りの骨よりも深いポケット

    歯周ポケットとは、歯と歯茎の間にある歯肉溝という生理的な溝が歯周病による炎症のため、病的に深い溝になったものです。

    通常3mm以下のものが深くなり、ブラシが届かず、さらに歯周病による炎症が深部に及んでしまいます。

    骨縁下ポケット

    ポケット底が歯を支える歯槽骨頂よりも根尖側にまで深く及んだものを骨縁下ポケットと呼びます。

    垂直性骨吸収をきたした部位などに見られ、予後不良の傾向あります。

    骨縁下ポケットに対処する方法は、フラップ手術(歯肉剥離掻爬手術)による歯周外科手術で治療します。

    動揺のある場合には固定、早期接触や咬合干渉がある場合には咬合調整なども併用していきます。

  • staffblog

    2021年04月19日 月曜日

    歯周病の方の矯正治療

    歯周病の方で、矯正治療を希望される場合にはカウンセリングと、しっかりとした計画が必要になります。

    特に歯を支えている骨の量が少なくなっている場合には注意が必要です。

    骨の量が少ない場合

    矯正で歯を移動するには、矯正力で押された側の骨が溶け、引っ張られた側の骨が添窩して移動をしていきます。

    歯周病で骨の量が少ない場合には、移動時に骨の量がさらに少なくなるため、動揺が大きくなります。

    硬いものだけでなく通常のものも食べにくい状態になる場合があります。

    プラークコントロールをしっかりしないと、骨の添窩が上手くいかず、根元が露出して動揺も止まらなくなります。

    さらにアゴの中心を外れた無理な方向への歯の移動は、骨の量をさらに減らします。

    歯周病をしっかり治療してから矯正治療

    矯正治療をする前に徹底的に歯周病治療をします。

    矯正治療中はプラークコントロールの徹底と歯周病の継続管理をしていきます。

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

お問い合わせ

0528018148

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

お問い合わせはお気軽に

名古屋市で歯周病治療なら天白区のコンドウ歯科へお気軽にお問い合わせください。あなたのお口の健康を守ります。

0528018148

  • RSS配信
  • RSSヘルプ
Pagetop