マイクロスコープによる

perio Blogブログ新着情報

  • staffblog

    2024年06月17日 月曜日

    歯周病の原因となるプラークとは

    歯周病の初発原因は、プラーク(歯垢)の中にある歯周病原菌です。

    プラークとは
    歯面に付着している白色から黄白色をした粘着性をした付着物です。
    バイオフィルムと呼ばれる細菌の塊です。
    プラーク中の細菌は、約600種類で1mg中に1~2億個存在しています。
    プラークは歯肉に炎症を引き起こす最も重要に因子です。歯肉炎や歯周炎は、プラークが存在すると生じます。
    歯にしっかり付着していて、うがいや薬剤などで落とせないので、機械的に歯ブラシで除去します。

    プラーク増加因子
    局所の清掃を不良にしてプラークを増加させたり、落としにくくしたりする因子のことです。
    プラークリテンションファクターと呼ばれるものです。
    歯石、歯並びの悪さ、口呼吸、歯冠の形態不良、歯肉形態不良、小帯の異常、不適合修復物、食片圧入などがあります。
    また、歯周病が進行して歯周ポケットが深くなると清掃がより困難となり、歯根露出して歯間部に隙間があるとなかなかプラークが落とせなくなります。

  • staffblog

    2024年06月10日 月曜日

    歯周病による口臭

    口臭が起こる原因には、いくつかあります。歯周病もその一つです。

    口臭の原因
    1. お口の中に原因がある。
    歯周ポケットの中に細菌が増え、硫化水素やメチルカプタンという口臭の原因となる物質が産生されます。
    歯周からの排膿、食べかすが詰まる、舌苔が溜まるなども原因です。
    2.消化器官、呼吸器官などの疾病
    胃潰瘍、扁桃炎、糖尿病などの疾病です。
    3.食べ物
    ニンニク、ネギなどの食べ物です。
    4.生理的口臭
    朝起きた直後、ホルモンのバランスが崩れるなどです。

    口臭対策
    お口の中を清潔に保つことが大事です。
    歯磨きや舌の清掃、うがいにより口臭を予防しましょう。
    歯周病は普段からかかりつけ歯科医院でチェックしてもらいましょう。
    鼻疾患などで口呼吸しているとお口の乾燥により、口臭が増大するので、治療を受けておきましょう。

  • staffblog

    2024年05月27日 月曜日

    歯を支えている支持が弱くなり、と歯周病

    咬耗とは、咬み合わせにより歯が摩耗してすり減った状態のことです。歯周病と関係があるのかをお話しします。

    咬耗の原因は
    咬耗する原因には、
    1. 過度にその歯だけ使っている。
    2. 歯ぎしりや食いしばりなど、強い力が歯にかかっている。
    3. 歯周病で歯が挺出(炎症で歯が浮いて強く当たるなど)して、そのためにその歯が強く当たるようになった。
    などです。

    歯周病との関係
    前述のように、歯周病の炎症で歯が浮き上がり、その歯が強く噛み合わさってしまう。
    歯周病により歯を支えている支持が弱くなり、病的な歯の移動が起こっている場合などは、何本かの歯が影響を受けます。
    最初にその歯が噛み合わさるという早期接触が起こり、咬合性外傷という状態になります。

    どうすればイイの?
    歯周病はスケーリングなどの治療だけではなく、咬み合わせのチェックも行ってもらいましょう。

  • staffblog

    2024年05月20日 月曜日

    歯周膿瘍とは

    歯周膿瘍とは、歯周病の急性悪化のため、歯茎が腫れ、炎症により膿が溜まっている状態のことです。

    症状
    ・歯茎の腫れ、痛み
    ・歯の動揺
    ・噛んだ時の痛み

    原因
    歯周病により炎症があり、歯周ポケットからの排膿路が閉鎖して、歯肉に発赤腫脹を起こしている。

    対策
    歯周病治療をします。
    急性症状は、腫れる前に一番強く表れるので、抗生剤や鎮痛剤を投薬します。
    噛むときに痛み強い場合、咬合調整をします。
    膿瘍切開により、膿を排出します。

  • staffblog

    2024年05月14日 火曜日

    歯周病と咬合

    歯周病と咬合は関係あるのでしょうか。

    咬合とは
    咬合とは上下の歯が接触して咬み合わせることです。
    今回の題目では、主に噛むときの力が影響してきます。

    歯周病との関係
    食いしばりが歯ぎしりなどの強い力で噛み合わせると、正常な歯周組織でも許容範囲を超えるため、破壊するような外力となります。
    このことを一次性咬合性外傷と言います。
    歯周病で弱っている歯周組織の場合、通常の噛み合わせの力でも影響を受けてしまいます。
    この場合は、二次性咬合性外傷と言います。
    早期接触、側方力、習癖、残存歯の減少などで起こってきます。

カテゴリ一覧

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別アーカイブ

アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒468-0023
名古屋市天白区御前場町2番地
■アクセス
地下鉄鶴舞線「原駅」、地下鉄桜通線「相生山駅」「徳重駅」「新瑞橋駅」、地下鉄名城線「八事駅」「新瑞橋駅」より
市バス「大根荘」下車すぐ
■駐車場
完備

お問い合わせ

0528018148

■診療時間
【午前】9:30~12:30
【午後】2:00~6:30
受付は終了の30分前になります。
※祝日を含む週では、木曜日に診療することがあります。
※水曜日は、予約のみで夜間診療(午後7:00~9:00)する場合があります。
■休診日
木・日・祝

お問い合わせはお気軽に

名古屋市で歯周病治療なら天白区のコンドウ歯科へお気軽にお問い合わせください。あなたのお口の健康を守ります。

0528018148

  • RSS配信
  • RSSヘルプ
Pagetop